ドライマウスによる口臭

ドライマウスになると口臭を発します。


唾液の量が減ってしまうと殺菌が十分に行えなくなり、口の中の雑菌は増えてしまいます。
食べ物は飲み込みにくくなりますし、口内炎などもできやすくなります。
原因はさまざまで、ストレス・緊張・飲酒や加齢などがあります。


通常は舌をひんぱんに動かしたり、口内体操をすることでドライマウスによる口臭は抑えられます。
舌を上下左右に繰り返し動かしたり、ぐるぐると何度も動かしたり。
歯をカチカチとくり返しかみあわせるのも効果的。


この方法は大昔からされてきたやり方です。


たとえば、忍者は忍び込んだ屋敷で臭い息を吐くとばれてしまうので、口臭にはとても気を使ったそうです。
舌を何度も動かして唾液を出し、口臭を止める訓練をしていたという資料があります。


京都やまちやのなた豆茶を飲むだけでなく、このような舌のトレーニングの習慣をつけて、自ら口臭を減らしていきましょう!


こちらもいっしょに使うと効果倍増!!
マイケアのなた豆歯磨き 》 》 『薩摩刀豆 なたまめ歯みがき』でお口の中をスッキリおそうじ!

なた豆茶タグ : ,

関連記事

  1. キスのときの口臭対策
  2. 自分で自分の口臭をチェックする方法
  3. 自分で自分の口臭をチェックする方法は?口臭チェッカー
  4. 口臭の分類分け
  5. 口臭を抑える口内清涼食品いろいろ
  6. 口臭と腸内環境
  7. 口臭があるともてない?(10代〜20代)
  8. なた豆ってどんな豆?
  9. 京都やまちやのなた豆茶 体験レビュー
  10. 京都やまちやのなたまめ茶、どこがすごいの?
  11. なた豆サプリメント
  12. 蓄膿症と口臭
  13. 口臭予防の基本は?
  14. なた豆茶の評判
  15. 花粉症になた豆茶
  16. なた豆茶の京都やまちや会社概要
記事一覧