なた豆ってどんな豆?

なた豆は鹿児島県では「膿取り豆」として古くから伝わっている大きな豆。
アクが強いので生では食べられません。
さやの大きさは50cmを超えることもあり、マメの中では最大のものです。
名前の由来はさやが鉈に似ていることから。
同様の理由で「刀豆」とも呼ばれます。
大河ドラマ「篤姫」でもエピソードがあり、赤穂浪士が討ち入り前に食べたとも伝わっています。
味噌漬けや粕漬けして食することが多く、口や鼻に効果があることから、お茶や歯磨きに加工して利用されることもあります。
>> なた豆茶についてさらにくわしく見る

関連記事

  1. キスのときの口臭対策
  2. 自分で自分の口臭をチェックする方法
  3. 自分で自分の口臭をチェックする方法は?口臭チェッカー
  4. 口臭の分類分け
  5. 口臭を抑える口内清涼食品いろいろ
  6. 口臭と腸内環境
  7. 口臭があるともてない?(10代〜20代)
  8. 京都やまちやのなた豆茶 体験レビュー
  9. 京都やまちやのなたまめ茶、どこがすごいの?
  10. ドライマウスによる口臭
  11. なた豆サプリメント
  12. 蓄膿症と口臭
  13. 口臭予防の基本は?
  14. なた豆茶の評判
  15. 花粉症になた豆茶
  16. なた豆茶の京都やまちや会社概要
記事一覧